ステッドラー製図用シャープペンシルが実は女性におすすめな理由。

DSCN01011 ステッドラー製図用シャーペン
DSCN01011

ステッドラー製図用シャープペンシルが実は女性におすすめな理由。

(540円税込み)

 

みなさんこんにちわ!!
お疲れ様です。

UISINDESIGNHOMECENTERの森田敏裕です。

筆記具でボールペンに次いでよく使うのがシャーペンやとおもうんです。
シャーペンも多種ありますが、その中でもおススメな1本をご紹介します。

 

 

製図用シャープペンシルって?

簡単に言うとほんま名前の通りで「製図」を書く時に使うシャーペンです。
だから「線」を書くことに優れているシャーペンでもあります。
プロが使うもんやから書きにくいと思ったでしょう。

 

いやいやそんな事ないんですよ。
実は女性におすすめしたいんです。

女性におすすめできる理由

 

 

線を書くときにペン先を定規に当てて引くのでペン先が長いのが製図用シャーペンの特長です。
それによって”芯が折れにくい”というメリットがあります。

 

 

製図を書くから、細かく書くのにも良いし、製図を書く=線を引くことが多いので、
シャーペンの重心が低くとられています。

この重心が低くなっていることで、一般的なシャーペンよりも力を入れて書かずとも安定して書けて
、製図用のシャーペンの芯は種類が多いので自分にあった濃さの芯を選べるので、そういった
理由で女性におすすめなんです。

 

 

ステッドラー製図用シャーペンの概要

グリップはすべりにくく、握ると太すぎず細すぎずで長時間書いていても疲れにくい
持ちやすさ。

 

ペン先に芯が詰まった時は消しゴムについている先端の金具を写真のように
すると簡単に詰まった芯が取れます。最近は一般的なシャーペンには見る事が
なくなりました。

あるとホント便利!

 

ペン先の長さの比較
製図用の方が一般的なシャーペンよりも長いのがわかります。

 

製図用シャーペンのメリット、デメリット

・先にも書いたように芯が折れにくく芯の種類が多い。

・一般的なシャーペンよりも軽い力で書ける。

・デザインがかっこいい。

・このご紹介しているシャーペンに限っていうとリーズナブル。

 

・製図を書くという特化したシャーペンなので、一般的なモノより疲れにくく
壊れにくい。というのがメリットです。

 

デメリットは、一般的なシャーペンよりも壊れにくい分価格が高いのが多い。
製図用シャーペンはシャーペンを立てて書くことも想定して作られているので、
寝かして書く人には向いていません。

 

 

いかがでしたか?
製図用やから私には関係ないわ!って今まで思ってた方も
ちょっと使ってみようかなぁなんて少しでも思ってくれたんちゃいます!?
(そう思ってくれたら嬉しい(^-^))

 

 

もしご興味を持ったのなら一度お試しに使ってみてください。
今回も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました