”見えづらいを見えるにする”喜びを!!セルフ度数調節メガネ アドレンズ②

DSCN17812 1 アドレンズメガネ2
DSCN17812 1

雑貨はみんなを笑顔にする

お疲れ様です。

UISINの森田です。

昨日からアドレンズをご紹介してます。

全3回の今回は2回目です。

ブルーライトってなぜ目によくないの?

ブルーライトってやたら目に良くないって聞きますよね。

レッドでもイェローでもなくブルーばっかり。

ちょっと調べてみるとなるほどと納得できる事と意外と思うことが分かりました。

ブルーライトは強者?

目に見える光線(可視光線)の中でめちゃくちゃパワーを持っている光線で、紫外線クラスだそうです。

紫外線はシミの原因とか皮膚がんの原因つくったりする奴と同等クラスのパワーを持ってるということですよ。

毎日そんな光線を浴びてたら目が悪くなって当然です。そしてブルーライトはLED照明からも出ているので、これからはどうブルーライトと上手く付き合うかが大切になってくると思います。

ブルーライトは実は悪いことばかりではなかった!?

ブルーライトは体内リズム(体内時計)を整えて健康維持に重要な役割を果たしているそうです。

ちょっと意外でした。悪い事ばかりではないのですね。

ブルーライトが引き起こす障害

目の疲れや痛み、睡眠障害、肥満、精神障害など。

ブルーライトはさっき健康維持に重要な役割を果たしてるって書きました。なのになんで?って思うでしょう。

簡単に例えると
ブルーライトを太陽と思ってください。

本来人間の体って朝太陽が昇って朝日を浴びると体が”朝や起きよう”ってなります。
夕方からだんだん暗くなってくると”寝ましょう”となります。

つまり、人間の体って自然のサイクルと同じようなリズムがインプットされていて、よくいう体内リズムや体内時計というやつです。

けれど現代は夜中でも明るい。一日中 朝の状態です。起きて起きて起きて。。。いつ寝るねん!!て感じになる。
そうなると体のリズムが狂って、結果、体が悪くなるということです。

詳しく知りたい場合はこちらのサイトを見てみてください。

ブルーライト対策

みなさんもわかってらっしゃると思います。規則正しい生活をして、ブルーライトも長時間浴びないということですよ。

でも、これは個人的には難しいと思います。ブルーライトを長時間浴びないことなんて。
いたるところブルーライトだらけだからです。
自分が対策として実践しているのは、

  • ブルーライトカットのメガネは絶対かけてパソコン、スマホを見る。
  • 目薬を頻繁にする
  • いつもより30分早く寝る

を意識してやってます。
今回紹介しているメガネ、アドレンズはブルーライトを30%もカットして
自分で度数調節できるので、長時間PCやスマホを仕事なんかで見ないといけない方にはおすすめです。

アドレンズに限らずパソコンメガネをかけてるだけでも目の疲れ方はかけないよりも
断然疲れないので、目が良い人でもかけて予防したほうがいいと思います。

今回も最後まお読み頂きましてありがとうございます。

※このメガネをより多くの方に広めてスッキリ見える喜びを感じてもらいたいので12月クラウドファンディングします。
集まった資金を元に小学生でも手の届く金額でメガネをリターンしたいと思ってますので
よろしくお願いします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました