持ってると役立つ時がくる!マルチツールカード、マルチツールキーホルダーコイン

RIMG0387 マルチツール
RIMG0387
ウイシン
ウイシン

雑貨はみんなを笑顔にする
雑貨屋 大阪ウイシンです。


キャンプや登山ではマルチツールを使われますが、
日常でも持っていると役立つマルチツールをご紹介します。

ウイシン
ウイシン

カードタイプとキーホルダータイプのマルチツールです。
では早速ご紹介します。

コインタイプ概要

まずはコインタイプ

ボトルのフタを開ける時のボトルオープナーです。
びんのフタをあける時や写真のように
カンのプルトップが開けにくいときにも使えます。

たーまにコイツの出番がありますよね。

カラビナがプルトップを固定して開けやすくしてくれます。
また、バッグなんかにひっかけておけばいいですね。

Exif_JPEG_PICTURE

ちょっとのサイズを測ったり、例えば目盛り1cmのところで目印をつけるっていうことも
できます。

ギザギザは、これはどのように使うかがいくら調べても不明でした。

分かり次第、後日追記します。

<2021/05/06追記>
使い方がより具体的にわかりました。

六角レンチは何気に役立つ機会が多そうです。写真は自転車の一部分のナットです。
スチール棚をくみ上げる時にも役立ちそう

余談ですが、レンチのところの数字ですが、この数字をそのまま
使ってボルトを選ぶとサイズを間違います。ナットとボルトは共通した数字を使って
いません。

例えば写真のは8のところを指しています。
ボルトは下記の表をみるとM4.5もしくはM5です。(M4.5はめったに使われません)
ボルトを選ぶときはM5のボルトを選ぶことになります。

ホームセンターでボルトとナットのセットを購入するときはM2とかM8などの表記で売られているのがほとんどなので注意してください。

ちなみにボルトとは下のパッケージ右上のねじ部分、ナットはそれを受ける金具です。

KOMERI.COMより


TOP HPより

カードタイプ概要

slower HPより

カードタイプで薄さ2mmだから財布のカードケースにすっぽり入るので持ち歩きに便利

財布を持ち歩きたくないけどお札だけは持っておきたい時に
便利なマネークリップ機能が備わってます。

釘抜き部分です。

Exif_JPEG_PICTURE

釘がなかったので、コースレッドを釘にみたててます。
釘抜きは意外と使う場面がありそうです。


レンチが大きさ違いで2つ搭載されてます。

M2~M8までのボルトに対応しているので、一般的によく使われるサイズ
には対応しています。

目盛りがあればよかったなぁと思います。

Exif_JPEG_PICTURE

このでっぱりがある部分は栓抜きです。

右側のspokeと書いているところは自転車のスポークを指してます。
スポークが折れた時(めったにないけど)ぐらいしかスポークには使わないと思います。
代わりに針金を折り曲げるのには使えそう

ルーラー(定規)は何気によく使うかも。

あとマイナスドライバー部分は厚みがあるのでドライバーで使うより
パッキンの開封するのに使った方が便利そうです。

ウイシン
ウイシン

以上ご紹介しました。
日常では頻繁につかうことはないですが、
持っていてよかったと思う時はきます。

実際ぼくも、このタイプではなかったですが、
ずっと持ち歩いていて助かったことがありました。

どちらも邪魔にはならないとおもうので
よかったらキーホルダー感覚で持ってみてください。

今回も最後までお読み頂きありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました