実は腰痛の方におススメしたいパタット折りたためるイスとテーブル

DSCF41001折りたたみイス、テーブル
DSCF41001

実は腰痛の方におススメしたいパタット折りたためるイスとテーブル

DSCF4100[1]

最近、雑誌の取材がありました。

 

雑誌の取材の方と雑談しているときにその方が写真のイスを見た時、

「おばあちゃんが腰が痛くてすぐに座り込むんですよ。これなら
持ち運びできてしっかりしてるしいいですよね。」というお話でした。

実は私も腰痛持ちなんで、辛さが本当にわかります。

歩いていると腰におもりがついてるんちゃうって思うぐらい重くてだるくなってきます。
そして、立っているのも辛いから座りたくなっちゃうんですよ。

だから、超軽量な折り畳みイスがあると本当に助かります。

本当に軽くて重さがたったの230gなんです。

軽いでしょう。

DSCF4097[1]DSCF4099[1]

それでは、座ってみよーと思います。

座面をぐっと押し込むだけでイスの完成です。組み立てはチョー簡単。

どっこいしょっと座ったところです。

ちょっと休むには丁度いいです。長時間座るのはしんどいと思います。

<組み立て方動画>
実際組み立てるまでを動画で撮ってみました。

こちらのイスは耐荷重100kgも耐えれるので大人でも安心して座れます。
(ちなみに私は68kgです。関係ないですね(笑))

【組み立てサイズ】W310xD170xH190mm (座面高さ:150mm)
【折りたたみサイズ】 W371xD10xH217mm
【材質】 ポリプロピレン・スチール

 

DSCF4102[2]
次はテーブルです。

このテーブル作成秘話を7月の東京であった展示会で聞くことができました。

このテーブルを作った方が腰を痛めてたらしく、持ち運べるテーブルがあったらいいなぁということ
でこのテーブルを作るきっかけになったそうーです。

ぜひとも、腰痛がある方におススメしたいと担当の方はおっしゃっていました。

こういったテーブルやイスを説明するときってアウトドアで使えて便利とかお部屋での
サブのテーブルやイスに使えますよ。急の来客があっても大丈夫ですよって普通は説明しますし、
私たち消費者も目が肥えてるから使い方に関して想像に難しくないんです。

ところが第一声が、腰痛の方に!!おススメですって言う説明は実際に腰痛を経験した方でないと
そういう説明ができないし思いつかないです。

そしてこのテーブルの現物を実際に見て腰痛の方にっておススメした理由がとっても納得しましyた。
実はこのテーブルの高さなんです。

高さ370mm  この高さが大事で、腰痛がひどくなると座ることも辛い、かといって立ったままでも辛いって
いう状況になります。そうなると横になって寝てるのが一番楽なんですよ。

ベッドのそばにこのテーブルがあると必要なものをそこにおいておけば寝ながらにして必要最小限のことができるから
便利です。飲み物をのんだり、おにぎり食べたり、雑誌を置いたり。

 

ベッドではなくて畳の上に布団を敷いて寝てる場合でもちょっと手を伸ばすだけで同様の事ができるので、
とっても助かります。

DSCF4116[1]

実際に寝ながらコップを持ってます。

DSCF4091[2] DSCF4092[1] DSCF4094[1] DSCF4093[1] DSCF4096[2]

テーブルの組み立て方もイス同様簡単にできます。そしてテーブルを運ぶトートバッグも付属してます。

<テーブルの組み立て方動画>
こちらも写真よりもわかりやすいと思います。

<サイズ・仕様>
【内容】本体,不綿布バッグ
【組み立てサイズ】W780xD460xH370mm(天板: W700xD460mm)
【折りたたみサイズ】W930xD40xH590mm
【重量】 約2.0kg
【容量】 約18L
【耐荷重】 約30kg
【材質】本体:ポリプロピレン・スチール / 不綿布バッグ:ポリプロピレン

正直、腰を痛めている状態だと長い距離は持ち運べないです。
けれどもこの大きさでのテーブルではかなり軽量だと思います。

で、テーブルの使い方番外編も動画で撮っちゃいました。
ふざけてます。見られるとちょっと恥ずかしいのであまり見ないでくださーい(笑)
<番外編 動画>

今回も最後までお読み頂きありがとうございます。

メーカーさんのHPはこちら

 

コメント

  1. […] こちらは旧パタットミニ(ちなみに廃番です。)以前のパタットミニの記事はこちらです。 […]

タイトルとURLをコピーしました